「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



後藤孝夫

ごとう・たかお

1911年大阪に生れる。1934年東京大学経済学部卒業。元朝日新聞記者。編書『明治大正言論資料10 中江兆民集』(みすず書房、1984)。著書『辛亥革命から満州事変へ-大阪朝日新聞と近代中国』(同、1987)、論文「明治憲法発布と世論-大阪の新聞論調を中心に」(歴史評論、1972.8)、「二つの公判傍聴筆記-大阪事件再考」(日本史研究、1973.6-7)、「東雲新聞略史」(復刻「東雲新聞」別巻、1977.3、部落解放研究所)ほか。


 

後藤孝夫 の書籍一覧

  • 記者 兆民
    記者 兆民
    [著者] 後藤孝夫  
    「先生の文、独り其字々軒昂せるのみならず、飄逸奇突、常に一種の異彩を放って、神韻の文、天馬の空を行くが如く」と幸徳秋水に評された兆民の文章は、新聞雑誌の論説においてもっとも生彩を放 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-03344-5 C1021
    • 1990年7月20日発行
  • 中江兆民集 東雲新聞
    明治大正言論資料 10
    中江兆民集 東雲新聞明治21-23年
    [著者] 中江兆民   [編] 後藤孝夫  
    兆民のジャーナリストとしての活動が質量ともに最高潮に達したのは「東雲新聞」の時代である。国会開設を目前にひかえて、彼がその署名・無署名・匿名・偽名あわせて213篇の文章は、燃えるよう ...
    • 菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/664頁
    • 定価 10,584円(本体9,800円)
    • ISBN 4-622-00940-4 C3331
    • 1984年2月1日発行