「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



五味文彦

ごみ・ふみひこ

1946年山梨県に生まれる。東京大学文学部国史学科卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸大学講師、お茶の水女子大学助教授、東京大学助教授等を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。文学博士。文学や絵画まで含む多様な史料を精力的に読み込み、日本の中世を政治・社会・文化の多面にわたって広く捉える研究をつづけている。主要な著書に『院政期社会の研究』(山川出版社、1984)『平家物語、史と説話』(平凡社、1987)『武士と文士の中世史』(東京大学出版会、1992)『増補 吾妻鏡の方法』(吉川弘文館、2000)『明月記の史料学』(青史出版、2000)があるほか、著書・編書多数。


 

五味文彦 の書籍一覧

  • 書物の中世史
    書物の中世史
    [著者] 五味文彦  
    書物は書物を生んだ社会の動きを反映している。あまりにも当然のことだが、しかし従来の書物研究は、説話、軍記物といったジャンルに分断されて、書物間の有機的な関係を十分捉えることができな ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/552頁
    • 定価 6,912円(本体6,400円)
    • ISBN 4-622-07077-4 C1021
    • 2003年12月19日発行