「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



作田啓一

さくた・けいいち

1922年1月生まれ。1948年9月、京都大学文学部哲学科(社会学専攻)卒業。1949年5月から1995年3月まで、三つの大学で社会学の教員を勤める。主著『価値の社会学』(岩波書店、1972、岩波モダンクラシックス、2001)『ジャン‐ジャック・ルソー――市民と個人』(人文書院、1980、『増補 ルソー――市民と個人』筑摩叢書、1992)『個人主義の運命――近代小説と社会学』(岩波新書、1981)『ドストエフスキーの世界』(筑摩書房、1988)『生成の社会学をめざして――価値観と性格』(有斐閣、1993)『三次元の人間――生成の思想を語る』(行路社、1995、1998再版)『個人』(〈一語の辞典〉三省堂、1996)など。


 

作田啓一 の書籍一覧

  • 生の欲動
    生の欲動神経症から倒錯へ
    [著者] 作田啓一  
    「酒鬼薔薇少年は特別な人間である」という考察が「人間というこの不可解な生きもの」を探求する連作の始まりだった。それから5年、ジョイスとシュレーバー、悪の類型論、真の自己と二人の大他 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07060-X C1030
    • 2003年10月6日発行