「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



篠撝榮

しのざき・さかえ

1947年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程修了。現在 熊本大学文学部教授、倫理学専攻。著書『ことばの中での探求――プラトンを読む』(勁草書房、1985)。訳書『ギリシア哲学の最前線I』(共訳、東京大学出版会、1986)、H.T.エンゲルハート『バイオエシックスの基礎づけ』(共訳、朝日出版社、1989)、ニュツサのグレゴリオス『雅歌講話』(共訳、新世社、1991)、ニュッサのグレゴリオス『教理大講話』(『中世思想原典集成2』所収、平凡社、1992)、アルバート・ノーラン『キリスト教以前のイエス』(新世社、1994)。


 

篠撝榮 の書籍一覧

  • 美徳なき時代
    美徳なき時代
    [著者] アラスデア・マッキンタイア   [訳者] 篠撝榮  
    〈ローマ帝国の歴史の中で決定的な転回点が起こったのは、善き意志をもった男女がローマの支配を支えるという仕事から身を引いて、礼節と道徳共同体との存続を、その支配の維持と同一視すること ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/400頁
    • 定価 5,940円(本体5,500円)
    • ISBN 4-622-03792-0 C1036
    • 1993年8月19日発行