「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アルベルト・ジャコメッティ

Alberto Giacometti

1901年、スイス、グリゾン州ボルゴノーヴォに生まれ、隣村スタンパで幼年期を過ごす。早くから彫刻と絵画を始め、1920-21年イタリアを旅行、22年にパリに出、以後終生同地に住む。最初はキュビスム風の彫刻を、ついで想像によるオブジェを作る。1930年、シュルレアリスム運動に加わりグループの活動、雑誌や展覧会に参加。1935年、写生による仕事に戻る。42-45年ジュネーヴに住む。彫刻は次第に小さくなり、最後にはほとんど消えるところまでゆく。47年まで作品の発表は行なわない。48年ニューヨークのピエール・マティス画廊で個展、以後各地で展覧会。62年ヴェネツィア・ビエンナーレで彫刻大賞を受ける。1966年急逝。死後69-70年、パリのオランジュリー美術館で回顧展、以後いよいよ声価が高まり各国で個展。日本では1983年に巡回展、また1991-92年にはパリ市立近代美術館で彫刻・油彩・デッサンを集めた大規模な回顧展、2007-08年にはポンピドゥー・センターで「アルベルト・ジャコメッティのアトリエ」展が開かれている。2017年夏に、東京の国立新美術館で「ジャコメッティ展」開催。


 

アルベルト・ジャコメッティ の書籍一覧