「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



クルト・シュナイダー

Kurt Schneider

1887-1967。ドイツのクライルスハイムに生れる。1922年ケルン大学で教授資格。1931-45年ミュンへンのドイツ国立精神医学研究所長。1946-55年ハイデルベルク大学教授。クレペリン賞受賞。とくに臨床精神病理学および精神医学の疾病概念の研究に努力を傾けた。主要著作『宗教精神病理学入門』(1928、みすず書房、1954)『精神病質人格』(1950、みすず書房、1954)『臨床精神病理学』(1950、文光堂、1957)『今日の精神医学』(1952、文光堂、1957)ほか。


 

クルト・シュナイダー の書籍一覧

  • 臨床精神病理学序説【新装版】
    臨床精神病理学序説【新装版】
    [著者] クルト・シュナイダー   [訳者] 西丸四方  
    「種々増補された結果、この書は精神医学の小さな教科書、あるいは少くとも臨床精神病理学の小さな教科書の役をするようになったと思われる。精神医学が携わるべき事柄は甚だ多方面であるが、精 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-07856-2 C1047
    • 2014年7月10日発行