「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



須賀敦子

すが・あつこ

1929-1998。作家・イタリア文学者。著書『ミラノ 霧の風景』(1990、白水社、女流文学賞、講談社エッセイ賞)をはじめ、著作は『須賀敦子全集』(全8巻+別巻、河出書房新社、2000-2001)に集成されている。訳書 ナタリア・ギンズブルグ『ある家族の会話』(1985、白水社)、『マンゾーニ家の人々』(1988、白水社、ピコ・デラ・ミランドラ賞)、『モンテ・フェルモの丘の家』(1991、筑摩書房)、アントニオ・タブッキ『インド夜想曲』(1991、白水社)、『遠い水平線』(1991、白水社)、『島とクジラと女をめぐる断片』(1995、青土社)、『逆さまゲーム』(1995、白水社)、イタロ・カルヴィーノ『なぜ古典を読むのか』(1997、みすず書房)、『ウンベルト・サバ詩集』(1998、みすず書房)ほか。


 

須賀敦子 の書籍一覧

  • ウンベルト・サバ詩集【新装版】
    ウンベルト・サバ詩集【新装版】
    [著者] ウンベルト・サバ   [訳者] 須賀敦子  
    「なぜ自分はこんなにながいあいだ、サバにこだわりつづけているのか。二十年前の六月の夜、息をひきとった夫の記憶を、彼といっしょに読んだこの詩人にいまもまだ重ねようとしているのか」(須 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-08619-2 C1098
    • 2017年5月18日発行