「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



リットン・ストレイチー

Lytton Strachey

イギリスの伝記作家・批評家。ヴァージニア・ウルフやE・M・フォースターらと共にブルームズベリー・グループの一員として、ヴィクトリア朝の文学・思想を批判し、現代的なスタイルを創り出した。著書は他に『ヴィクトリア朝の偉人たち』(抄訳、岩波文庫)『ヴィクトリア女王』(冨山房百科文庫)『エリザベスとエッセクス』(冨山房百科文庫)『フランス文学道しるべ』(筑摩叢書)などがある。


 

リットン・ストレイチー の書籍一覧

  • ヴィクトリア朝偉人伝
    ヴィクトリア朝偉人伝
    [著者] リットン・ストレイチー   [訳者] 中野康司  
    「文学のなかで最も繊細かつ人間的な分野である伝記文学が、イギリスでは雇われ職人の手に任されている。すばらしい伝記を書くことは、すばらしい人生を送ることと同じくらいむずかしいというこ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07370-3 C1098
    • 2008年2月18日発行
  • てのひらの肖像画
    てのひらの肖像画
    [著者] リットン・ストレイチー   [訳者] 中野康司  
    「伝記はボズウェルの『ジョンソン博士伝』くらい長いか、オーブリーの『名士小伝』くらい短いか、どちらかがいい。『ジョンソン博士伝』のように、伝記的事実を厖大かつ精密に積み重ねるという ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04637-7 C1098
    • 1999年6月15日発行