「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



高林武彦

たかばやし・たけひこ

1919年兵庫県に生れる。1941年東京大学理学部物理学科卒業。名古屋大学理学部助教授、フランスCNRS研究員を経て、1959-83年名古屋大学理学部教授、名古屋大学名誉教授、1999年歿。理学博士。専攻 理論物理学、物理学史。著書『熱学史』(1948、日本科学社)、『量子論の発達史』(1977、中央公論社)。『素粒子論の開拓』(1987、みすず書房)、『現代物理学の創始者』(1988、みすず書房)ほか。


 

高林武彦 の書籍一覧