「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



太宰治

だざい・おさむ

1909年青森県北津軽郡金木村に生まれる。本名・津島修治。1930年、東京帝国大学仏文科入学。同年、井伏鱒二と出会い、以後長く師事する。1933年、同人誌「海豹」創刊号に「魚服記」を発表。1936年、第一創作集『晩年』刊行。戦後は一躍流行作家に。1948年6月、玉川上水に入水。著書『二十世紀旗手』(1937)、『女生徒』(1939)、『東京百景』(1941)、『右大臣実朝』(1943)、『津軽』(1944)、『お伽草紙』『惜別』(1945)、『斜陽』(1947)、『人間失格』(1948)ほか。


 

太宰治 の書籍一覧

  • 太宰治 滑稽小説集
    大人の本棚
    太宰治 滑稽小説集
    [著者] 太宰治   [編] 木田元  
    「近ごろでこそあまり耳にしなくなったが、『滑稽文学』『滑稽小説』と呼ばれるジャンルがあって、数多くの傑作がある。敗戦後の数年間、私たちはこの手のものを探し出しては読みあさっていた。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04838-8 C1393
    • 2003年5月9日発行