「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



多田智満子

ただ・ちまこ

1930-2003。詩人。主な詩集として『多田智満子詩集』(思潮社、1972)『定本多田智満子詩集』(砂子屋書房、1994)『川のほとりに』(書肆山田、1998)『長い川のある國』(書肆山田、2000)など、散文作品に『森の世界爺』(人文書院、1997)『動物の宇宙誌』(青土社、2000)『十五歳の桃源郷』(人文書院、2000)など、訳書にM・ユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』(白水社、1963)、R・グレーヴズ『この私、クラウディウス』(共訳、みすず書房、2001)など、いずれも多数。


 

多田智満子 の書籍一覧