「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



野呂邦暢

のろ・くにのぶ

1937年9月20日長崎市生まれ。1945年、8歳で諫早市に疎開、同地で長崎への原爆投下を目の当たりにする。1956年、長崎県立諫早高校卒業。同年秋に上京しアルバイト生活を送る。1957年春に帰郷、同年6月、陸上自衛隊に入隊。翌年、北海道で除隊。諫早で家庭教師をしながら小説執筆をはじめる。1965年「或る男の故郷」で文學界新人賞佳作。1967年、「壁の絵」芥川賞候補。以降、「白桃」「海辺の広い庭」「鳥たちの河口」が同賞候補となる。1973年、第一創作集『十一月 水晶』(冬樹社)刊行。1974年、「草のつるぎ」で第70回芥川賞受賞。1976年、「諫早菖蒲日記」発表。諫早の地に根をおろした創作活動を続けた。小説にとどまらず、多数の随筆、評論を執筆のほか、無名兵士の戦記蒐集、『季刊邪馬台国』(梓書院)編集長など活動の場は多岐にわたった。1980年5月7日没。小説の著作に『海辺の広い庭』『鳥たちの河口』(1973)『草のつるぎ』(1974)『一滴の夏』(1976)『諫早菖蒲日記』『ふたりの女』(1977)『猟銃』(1978)『落城記』『丘の火』(1980)他多数。その他の著作に随筆集『王国そして地図』(1977)『古い革張椅子』(1979)『小さな町にて』(1982)、評論『失われた兵士たち――戦争文学試論』(1977)などがある。没後15年にさいして『野呂邦暢作品集』(文藝春秋)刊行。2013年から『野呂邦暢小説集成(全8巻)』(文遊社)刊行開始。2014年『兵士の報酬 随筆コレクション 1』『小さな町にて 随筆コレクション 2』(全2巻、みすず書房)。みすず書房〈大人の本棚〉シリーズに『夕暮の緑の光 野呂邦暢随筆選』(岡崎武志編)『白桃 野呂邦暢短篇選』(豊田健次編)がある。


 

野呂邦暢 の書籍一覧

  • 小さな町にて
    小さな町にて随筆コレクション 2
    [著者] 野呂邦暢   [解説] 岡崎武志   [解題] 浅尾節子  
    「過去から現在へ一方向に流れる時間ではなく、それは現在から過去へと遡及する時間でもあった。二つの流れが音もなくせめぎあい、私のまわりで溶けあって、幅と厚みを増したように思われた。空 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/544頁
    • 定価 7,560円(本体7,000円)
    • ISBN 978-4-622-07824-1 C0395
    • 2014年6月25日発行
  • 兵士の報酬
    兵士の報酬随筆コレクション 1
    [著者] 野呂邦暢   [解説] 池内紀  
    「自由は貴重だとよく云われる。しかし、自由であることの恐しさについては語られた言葉は少ない。口にする者はあっても、耳を傾ける人が居ないのだ。私は自由といえばいささか大げさで顔が赧ら ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/512頁
    • 定価 7,344円(本体6,800円)
    • ISBN 978-4-622-07823-4 C0395
    • 2014年5月25日発行
  • 白桃
    大人の本棚
    白桃野呂邦暢短篇選
    [著者] 野呂邦暢   [編] 豊田健次  
    1980年に42歳で急逝した長崎・諫早の作家野呂邦暢。文学への確かな意志が込められた揺るぎない文体、目に焼きつくような強靱な表現力は、いまなお読む者に鮮烈な印象を与えてやまない。本書は野 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08089-3 C1395
    • 2011年4月19日発行
  • 夕暮の緑の光
    大人の本棚
    夕暮の緑の光野呂邦暢随筆選
    [著者] 野呂邦暢   [編] 岡崎武志  
    「一番大事なことから書く。それは、野呂邦暢が小説の名手であるとともに、随筆の名手でもあったということだ。……ちょっとした身辺雑記を書く場合でも、ことばを選ぶ厳しさと端正なたたずまい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-08081-7 C1395
    • 2010年4月23日発行
  • 愛についてのデッサン
    大人の本棚
    愛についてのデッサン佐古啓介の旅
    [著者] 野呂邦暢   [解説] 佐藤正午  
    古本屋の若き主人、佐古啓介が、謎めいた恋や絡みあう人間模様、古本に秘められたそれぞれの「事情」を解き明かしていく。本に重なり合う若さの痛み、ひとりの青年が成熟へと至る道筋を鮮やかに ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-08068-0 C1393
    • 2006年6月19日発行