「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



濱口雄幸

はまぐち・おさち

1870年高知県に生れる。1895年帝国大学卒業、大蔵省に入省。税務畑を経て1907年専売局長官。1912年第三次桂内閣逓信次官となる。翌年、内閣総辞職後、立憲同志会に参加。第二次大隈内閣の大蔵次官、大蔵省参政官をつとめる。この間に衆議院議員初当選。1916年の憲政会設立に活躍し、第一次加藤内閣大蔵大臣、第一次若槻内閣の内務大臣を歴任1927年立憲民政党初代総裁となる。1929年内閣総理大臣就任。緊縮財政、国際協調外交を推進し、金輸出解禁、ロンドン海軍軍縮条約の成立に力をつくした。1930年11月14日、束京駅で佐郷屋留雄に狙撃され重傷を負う。療養につとめるも、1931年4月に総理大臣、民政党総裁辞任、病状が悪化した同年8月26日歿。


 

濱口雄幸 の書籍一覧