「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



平野嘉彦

ひらの・よしひこ

1944年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。現在 東京大学文学部教授。ドイツ文学専攻。著書『プラハの世紀末――カフカと言葉のアルチザンたち』(岩波書店、1993)『カフカ――身体のトポス』(講談社、1996)。訳書 アドルノ『アルバン・ベルク――極微なる移行の巨匠』(法政大学出版局、1983)ほか。


 

平野嘉彦 の書籍一覧

  • ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス
    理想の教室
    ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス
    [著者] 平野嘉彦  
    ホフマンの『砂男』と乱歩の『押絵と旅する男』はともに、出来事が主人公の妄想なのか現実なのか判然としない、読者を不安に陥れる物語です。人形と望遠鏡――この共通項に、どんな物語の罠が仕 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/136頁
    • 定価 1,650円(本体1,500円)
    • ISBN 978-4-622-08325-2 C1395
    • 2007年2月23日発行
  • 獣たちの伝説
    獣たちの伝説東欧のドイツ語文学地図
    [著者] 平野嘉彦  
    〈レーナウ、ザッハー=マゾッホ、フランツォス、ブーバー、ロート、カネッティ、ボブロフスキー、ツェラーンにおいて、狩猟と農耕をめぐる言説のはざまにみえかくれしていたのは、なんらかの意 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-04816-7 C1098
    • 2001年11月12日発行