「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アラスデア・マッキンタイア

Alasdair MacIntyre

1929年スコットランドに生まれる。ロンドン大学卒業。オクスフォード大学、エセックス大学などで教え、1970年にアメリカに移住。ヴァンダービルト大学などを経て、1989年から1994年に至るまでノートル・デイム大学(インディアナ州)、1995年からはデューク大学(ノースカロライナ州)の哲学科教授。著書に『倫理思想史概説』1966(邦訳『西洋倫理思想史』九州大学出版会)、『世俗化と道徳的変化』1967、『時代の自己イメージに抗して』1971、『誰の正義? いかなる合理性?』1988、『道徳的探究の競合する三形態』1990他がある。


 

アラスデア・マッキンタイア の書籍一覧

  • 美徳なき時代
    美徳なき時代
    [著者] アラスデア・マッキンタイア   [訳者] 篠撝榮  
    〈ローマ帝国の歴史の中で決定的な転回点が起こったのは、善き意志をもった男女がローマの支配を支えるという仕事から身を引いて、礼節と道徳共同体との存続を、その支配の維持と同一視すること ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/400頁
    • 定価 5,940円(本体5,500円)
    • ISBN 4-622-03792-0 C1036
    • 1993年8月19日発行