「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



森岡恭彦

もりおか・やすひこ

1930年東京に生まれる。1955年東京大学医学部卒業。1956年同大学医学部第一外科教室に入局。1960年同大学大学院修了。1966~1967年フランス政府給費技術留学生としてパリ大学出張。1972年自治医科大学外科教授。1979年フランス外科アカデミー会員。1981年東京大学医学部第一外科教授。1986~1988年同大学医学部附属病院長。1991年関東労災病院長、東京大学名誉教授。1994年日本赤十字社医療センター院長。訳書 ルリィシュ『わが生涯の一期一会、大外科医ルネ・ルリィシュの自伝』(医学書院、1977)レジェ『膵臓の外科』(共訳、中外医学社、1984)ラルース『医学大辞典』(監訳、朝倉書店、1985)バレール・ラルウ『ドキュメント 安楽死』(講談社、1988)ほか。


 

森岡恭彦 の書籍一覧

  • 生きる権利と死ぬ権利【新装版】
    生きる権利と死ぬ権利【新装版】
    [著者] フランソワ・サルダ   [訳者] 森岡恭彦  
    脳死と〈人間の尊厳〉の問題は、もっとも現代的な問いである。 著者は1929年生まれのフランスの著名な弁護士で、多くの政治家・文化人の顧問弁護士として、現代生物学の発展が作り出した新しい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-04975-9 C0010
    • 2000年6月5日発行