「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



吉田禎吾

よしだ・ていご

1923年、東京に生まれる。1947年、東京大学文学部心理学科卒業。九州大学助教授、東京大学教授、聖心女子大学教授、慶應義塾大学客員教授、桜美林大学教授を歴任。東京大学名誉教授。著書『日本の憑きもの』(中公新書、1973)、『宗教と世界観』(九州大学出版会、1983)、『宗教人類学』(東京大学出版会、1984)、『レヴィ=ストロース』(共著、清水書院、1991)、『バリ島民』(弘文堂、1992)、『神々の島バリ――バリ=ヒンドゥーの儀礼と芸能』(監修、春秋社、1994)ほか。訳書 E.リーチ『レヴィ=ストロース』(新潮社、1971、ちくま学芸文庫、2000)、R.エルツ『右手の優越』(共訳、垣内出版、1979)、C. ギアーツ『文化の解釈学』(共訳、岩波書店、1987)、C. ギアツ/H. ギアツ『バリの親族体系』(共訳、みすず書房、1989)、R.ニーダム『象徴的分類』(共訳、みすず書房、1993)ほか。
レヴィ=ストロース『神話論理』編集委員会(翻訳はIV『裸の人』1・2を担当)。


 

吉田禎吾 の書籍一覧