「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



吉屋信子

よしや・のぶこ

1896年、新潟県新潟市生まれ。1912年、栃木高等女学校卒業。1919年、玉成保母養成所卒業。1916年、雑誌「青鞜」に詩や小品を寄稿。同年7月から8年間、「少女画報」に『花物語』52篇を連載。1920年、『地の果まで』を「大阪朝日新聞」に連載。少女小説『屋根裏の二処女』も出版され、多彩な才能を開花させた。1928年渡欧、一年近くパリ滞在。1935年、『女の友情』。1937年、『良人の貞操』。1952年、『安宅家の人々』。1957年、「鬼火」によって第四回女流文学者会賞受賞。1962年、『香取夫人の生涯』。1965年、『ときの声』。1966年、『徳川の夫人たち』。1967年、菊池寛賞受賞。1968年、『続徳川の夫人たち』。1970年、紫綬褒章受賞。1971年、『女人平家」。大腸癌のため歿、享年77歳。短編随筆集『吉屋信子 父の果/未知の日月』、『私の見た人』(ともにみすず書房)がある。


 

吉屋信子 の書籍一覧

  • 私の見た人
    大人の本棚
    私の見た人
    [著者] 吉屋信子  
    「あの人のこと、この人のことと、返らぬ日の押し花を見出して追憶にふけるに似た思いをしばらく書きつづけていると、さながら人物博物館のなかをさまよっているようで、まことにどうも…このご ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08084-8 C1395
    • 2010年9月17日発行
  • 吉屋信子 父の果/未知の月日
    大人の本棚
    吉屋信子 父の果/未知の月日
    [著者] 吉屋信子   [編] 吉川豊子  
    吉屋信子といえば、おおかたの人は、『夫の貞操』や『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』あるいは少女小説『花物語』などの作品を思い起こすだろう。たしかに彼女はこうした長篇小説によって、広 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04836-1 C1393
    • 2003年2月5日発行