「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョーゼフ・リクワート

Joseph Rykwert

1926年ポーランドのワルシャワで生まれる。1939年渡英、ロンドン大学バートレット・スクール・オブ・アーキテクチャー、AAスクール・オブ・アーキテクチャーを経て、1947年から建築設計の実務につく。1952年以降各国の学校で教鞭をとる。1967年以来エセックス大学の芸術学教授を勤め、現在はほかにケンブリッジ大学の教員として、また合衆国のペンシルヴァニア大学の客員教授として、建築(建築史・建築論・建築設計)を教えている。
 著書にThe Golden House(1947)、Church Building(1966)、On Adam’s House in Paradise:The Idea of the Primitive Hut in Architectural History(1972)、The First Moderns: The Architects of Eighteenth Century(1980)、The Neccessity of Artifice(1982)、Robert and James Adam:The Men and the Style(1984)があり、ほかに編著や論文などが多数ある。


 

ジョーゼフ・リクワート の書籍一覧