「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



渡辺守章

わたなべ・もりあき

1933年東京生まれ。東京大学教授、放送大学教授、パリ第三大学客員教授等を経て東京大学名誉教授。放送大学名誉教授。専攻フランス文学・表象文化論。演出家。ラシーヌ、クローデル、マラルメ、ジュネなどを専攻。著書に『ポール・クローデル――劇的想像力の世界』『虚構の身体』(中央公論社)、『演劇とは何か』(講談社)、『哲学の舞台』(ミシェル・フーコーとの共著、朝日出版社)、『舞台芸術の現在』(放送大学教育振興会)、『パリ感覚』(岩波現代新書)など。訳書に、ラシーヌ『フェードル アンドロマック』(岩波文庫)、ミシェル・フーコー『性の歴史I――知への意志』(新潮社)、クローデル『繻子の靴』(上・下、岩波文庫)など。演出作品に、ラシーヌ『悲劇フェードル』、クローデル『真昼に分かつ』、ジュネ『女中たち』、ミュッセ『ロレンザッチョ』など。能・狂言などの伝統演劇にも詳しく、現代音楽とのコラボレーションによる「能ジャンクション」『葵上』『當麻』を、またクローデルの詩による創作能『内堀十二景、あるいは《二重の影》』『薔薇の名――長谷寺の牡丹』を作・演出。演劇企画『空中庭園』主宰。


 

渡辺守章 の書籍一覧

  • ラシーヌ論
    ラシーヌ論
    [著者] ロラン・バルト   [訳者] 渡辺守章  
    1963年に刊行された本書で、バルトは、フランスの文学制度の頂点に位するラシーヌ悲劇について、今日の言葉(精神分析学、文化人類学、構造主義、一般言語学)による「神話破壊」を企て、「今日 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 5,832円(本体5,400円)
    • ISBN 4-622-07234-3 C0098
    • 2006年10月10日発行