「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ピエール・ジャネ

Pierre Janet

1859-1947。パリに生まれる。フロイトとならぶ代表的心理学者。19世紀末、サルペトリエール病院でヒステリー、解離の心理学的治療に携わり、外傷性記憶、意識下固着観念、意識野の狭窄、交代性人格、心理学的エネルギー、心的緊張、心的傾向(人格)の階層構造など重要な諸概念を提唱。後年は、ヒステリーから強迫観念、精神衰弱の病理学的考察に視点を移し、それらの論考をコレージュ・ド・フランスで「社会的人格の研究」と題して講じている。
著書は、『心理学的自動症』(松本雅彦訳、みすず書房、2013)、『神経症と固着観念』、『心理学的医療』、『心理学的医学』(松本雅彦訳、みすず書房、1981)、『神経症』(高橋徹訳、医学書院、1974)、『心理学的力とその減弱』、『強迫観念と精神衰弱』、『症例 マドレーヌ』(松本雅彦訳、みすず書房、2007)、『被害妄想』(松本雅彦訳、みすず書房、2010)、『解離の病歴』(松本雅彦訳 みすず書房、2011)、『人格の心理的発達』(関計夫訳、慶応通信、1955)『信仰の病理』など多数。19世紀に登場した科学の動向に沿う形で、哲学とは独立した「心理学」を打ち立て、心の病の解明を心理学に求めようとした最初の人であった。


 

ピエール・ジャネ の書籍一覧

  • 心理学的自動症
    心理学的自動症人間行動の低次の諸形式に関する実験心理学試論
    [著者] ピエール・ジャネ   [訳者] 松本雅彦  
    P・ジャネはフロイトと同時代に活躍し、解離や下意識などの重要概念を発見して精神医学の基礎を築いた。20世紀後半、解離性障害や多重人格性障害が注目されてから、その洞察が再び注目を集め、 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/536頁
    • 定価 7,560円(本体7,000円)
    • ISBN 978-4-622-07758-9 C1011
    • 2013年4月19日発行
  • 解離の病歴
    解離の病歴
    [著者] ピエール・ジャネ   [訳者] 松本雅彦  
    力動精神医学の第一人者、ピエール・ジャネ。フロイトと同時代に活躍し、下意識、解離、心的エネルギー、意識野の狭窄などの重要概念を生み出した。本書はジャネ自身が関与した膨大な症例から、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07590-5 C1011
    • 2011年2月16日発行
  • 被害妄想
    被害妄想その背景の諸感情
    [著者] ピエール・ジャネ   [訳者] 松本雅彦  
    フロイトとならぶ精神医学のパイオニア、ピエール・ジャネ。19世紀末パリのサルペトリエール病院でシャルコーのもと、ヒステリーや解離の心理学的治療に携わり、外傷性記憶、下意識などの重要概 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07520-2 C1011
    • 2010年3月19日発行
  • 症例 マドレーヌ
    症例 マドレーヌ苦悶から恍惚へ
    [著者] ピエール・ジャネ   [訳者] 松本雅彦  
    精神医学のパイオニアでありながらフロイトの陰に隠れ、近年再評価の進むジャネは、19世紀末に人間の無意識領域への探索を試み、精神療法の萌芽を見出した。『症例 マドレーヌ』は、治療的実践 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07297-3 C1011
    • 2007年5月23日発行
  • 心理学的医学
    心理学的医学
    [著者] ピエール・ジャネ   [訳者] 松本雅彦  
    著者は20世紀前半のフランス精神病理学、臨床心理学界の巨星である。19世紀の力動精神医学に取って代る新しい体系をうちたてた最初の人であり、彼の後に来る人びとへの橋渡しの位置を占めている ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 4-622-02320-2 C1011
    • 1981年3月20日発行