「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



メアリ・ラヴィン

Mary Lavin

1912-1996。ボストンに生まれる。10歳のとき家族とともにアイルランドに渡る。ナショナル・ユニヴァシティを卒業後、結婚。3人の娘をもうけたが、1954年に夫と死別。1943年に最初の作品集『ベクティヴ・ブリッジから』が刊行され、ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受ける。『クルー街の家』の長編もあるが、その名は短編作家として知られ、1963年にはキャサリン・マンスフィールド賞を受賞。元アイルランド文芸家協会会長。


 

メアリ・ラヴィン の書籍一覧

  • 砂の城【新版】
    砂の城【新版】
    [著者] メアリ・ラヴィン   [訳者] 中村妙子  
    〈彼女はわたしにロシアの小説家を思わせる……人間の心の内奥への深い洞察と、田園の美しさに対する生き生きとした感受性において、メアリ・ラヴィンの作品は、かの国の生んだ作家たちのそれと ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07305-5 C0097
    • 2007年5月18日発行