「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マイケル・ウォルツァー

Michael Walzer

1935年、ニューヨークで生まれ育つ。現在、プリンストン高等研究所社会科学教授。主要著書:The Revolution of the Saints(1965);Obligations:Essays on Disobedience, War, and Citizenship(1970)〔山口晃訳、『義務に関する11の試論』、而立書房、1993年〕;Just and Unjust Wars:A Moral Argument with Historical Illustrations(1977);Radical Principles:Reflections of an Unreconstructed Democrat(1980);Spheres of Justice(1983)〔山口晃訳、『正義の領分―多元性と平等の擁護』、而立書房,1999年〕;Exodus and Revolution(1985)〔荒井章三訳、『出エジプトと解放の政治学』、新教出版社、1987年〕;Interpretation and Social Criticism(1987)〔大川正彦・川本隆史訳、『解釈としての社会批判―暮らしに根ざした批判の流儀』、風行社、1996年〕;The Company of Cri tics:Social Criticism and Political Commitment in the Twentieth Century(1988);What It Means To Be An American(1992);Thick and Thin:Moral Argument at Home and Abroad(1994);(ed.)Toward a Global Civil Society(1995)[石田淳ほか訳、『グローバルな市民社会に向かって』、日本経済評論社、2001年〕;(ed.)The Jewish Political Tradition, vol.1:Authority(2000);(ed.)The Jewish Political Tradition, vol.2:Membership(2003)。


 

マイケル・ウォルツァー の書籍一覧

  • 寛容について
    寛容について
    [著者] マイケル・ウォルツァー   [訳者] 大川正彦  
    「わたしの主題は寛容である。もうすこしうまくいえば、たがいに異なる歴史・文化・アイデンティティをもつ人びとの集団の平和共存、である。」 本書は、現代アメリカのもっとも著名な政治理論 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07075-8 C1010
    • 2003年12月19日発行