「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



和田旦

わだ・あきら

1930年福岡に生れる。1958年慶應義塾大学大学院修士課程修了(英文学専攻)。慶應義塾大学教授を経て、同大学名誉教授。訳書 デルンベルク『ブルックナー』(1967)ブルーメ『ルネサンスとバロックの音楽』(共訳、1971)メニューイン『果てしなき旅』(1979、以上白水社)バーンスタイン『答えのない質問』(1978)スペンダー『エリオット伝』(1979)クルシェネク/レートリヒ『グスタフ・マーラー』(1981)メニューイン『出会いへの旅』(1981、以上みすず書房)バトラー『《通夜》のあとに』(共訳、芸立出版、1983)ほか。


 

和田旦 の書籍一覧

  • 想像力の擁護
    想像力の擁護
    [著者] ヘレン・ガードナー   [訳者] 和田旦   [訳者] 加藤弘和  
    これは稀有の勇気ある優雅で不可欠の書物であり、文学批評や聖書批評を読んだり書いたりする人には誰にとっても価値ある書となろう。……これらの講義を読んでいると、擁護しているのは想像力だ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-01200-6 C0010
    • 1985年1月14日発行