「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アントニア・ホワイト

Antonia White

1899年にロンドンに生まれる。本名はアイリーニ・ボッテイング。父親はパブリック・スクール、セント・ポール校の古典の教師で、カトリックへの改宗者であった。アントニアは9歳から15歳までをロンドン郊外の聖心修道院付属の寄宿学校で過ごした。退学後、コピー・ライターや女優、ジャーナリストなどとして活躍。結婚・離婚を三度、恋愛もいくつか、一時期は精神障害のため施設にも入るなど、起伏の多い人生を送った。1933年に出版された『五月の霜』は『迷える旅人』『砂糖の家』『ガラスの壁』とともに四部作を成し、シャーロット・ブロンテの後継者とも評価されている。『五月の霜』は、ヴイラーゴー社のモダン・クラシック・シリーズの第一巻目として出版され、その序文の中でエリザベス・ボーエンは、「少女のスクール・ストーリーのなかで、古典として残る唯一の作品」と賞讃している。ほかに30冊以上のフランス文学を翻訳、モーパッサンの『女の一生』の翻訳では賞を受けている。


 

アントニア・ホワイト の書籍一覧

  • 五月の霜
    文学シリーズ lettres
    五月の霜
    [著者] アントニア・ホワイト   [訳者] 北條文緒  
    主人公のナンダ・グレイはカトリックの寄宿女学校に入学し、宗教の厳格な規律に則った生活、信仰と自我、友人関係、階級の問題など、さまざまな問題に悩みながら、大人の世界に近づいてゆく。し ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07330-7 C0097
    • 2007年10月10日発行