「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ピーター・グラルニック

Peter Guralnick

1943年、ボストン生まれ。アメリカのブラック・ミュージックやルーツ・ミュージックをテーマとした著作で高く評価されている音楽評論家。二分冊からなるエルヴィスの伝記は、とりわけ絶賛されている。主要著書:Feel Like Going Home: Portraits in Blues and Rock ’n’ Roll,1971.=邦訳『ロックに棲むブルース』(高橋佳代子・長束竜二訳、大栄出版1996).Lost Highway: Journeys & Arrivals of American Musicians,1979.Nighthawk Blues(小説), 1980.Sweet Soul Music: Rhythm and Blues and the Southern Dream of Freedom、1986.=邦訳『スウィート・ソウル・ミュージック――リズム・アンド・ブルースと南部の自由への夢』(新井崇嗣訳、シンコーミュージック2005).Searching for Robert Johnson、1990.=邦訳『ロバート・ジョンスン――伝説的ブルーズマンの生涯』(三井徹訳、JICC出版局1991).Last Train to Memphis: The Rise of Elvis Presley、1994.=邦訳『エルヴィス登場!!』(三井徹訳、ユーリーグ1997).Dream Boogie: The Triumph of Sam Cooke、2005.


 

ピーター・グラルニック の書籍一覧