「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エリオット・ヴァレンスタイン

Elliot S. Valenstein

ミシガン大学心理学科、心理学・神経科学教授。情動や報酬の感覚に関わる生物学的要因や、ホルモンが行動に及ぼす作用など、行動神経科学のテーマを専門として長年研究に従事し、精神疾患の身体療法の歴史にも精通する。著書に、『精神疾患は脳の病気か』(功刀浩監訳、中塚公子訳、みすず書房)の他、Brain Control: A Critical Examination of Brain Stimulation and Psychosurgery (Wiley, 1973), Great and Desperate Cures: The Rise and Decline of Psychosurgery and other Radical Treatments for Mental Illness (Harpercollins, 1986), The War of the Soups and the Sparks: The Discovery of Neurotransmitters and the Dispute over how Nerves Communicate (Columbia University Press, 2005)などがある。


 

エリオット・ヴァレンスタイン の書籍一覧