「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マリアンネ・ウェーバー

Marianne Weber

1870年ドイツ、エールリングハウゼンに生れる。1893年マックス・ウェーバーと結婚。1919年以来ドイツ婦人団体連合の指導者として社会的活動に従事。夫の遺稿の出版につくす。1953年歿。主著は『マックス・ウェーバー』(1926)『男女共同生活の理想』(1929)『結婚の理念と離婚』(1929)『婦人と愛情』(1936)『充実した生活――文化哲学的解義について、或る若い女への手紙』(1946)『回想記』(1948)。


 

マリアンネ・ウェーバー の書籍一覧

  • マックス・ウェーバー
    マックス・ウェーバー
    [著者] マリアンネ・ウェーバー   [訳者] 大久保和郎  
    マックス・ウェーバーを人間的にも学問的にも知っていると信じている人でも、この本には驚かされ、感動させられ、最後には圧倒されるだろう。これは彼の妻によってのみ、しかもこのような妻によ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/576頁
    • 定価 7,236円(本体6,700円)
    • ISBN 4-622-01949-3 C3030
    • 1987年9月20日発行