「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ブラッサイ

Brassai

1899年ルーマニアのブラッサウに生れる。はじめ画家を志しブダペストの美術学校に学んだ。1924年パリに移りジャーナリストになる。シュルレアリスムの作歌、詩人たちと交渉をもつ。夜のパリの魅力にとりつかれて写真を撮りはじめ1933年写真集『夜のパリ』を出し、世界的な評価を得る。著書『三十枚のデッサン集』(1946)『マリーの話』(1949)『ヘンリー・ミラー』(1975、みすず書房、1979)『未知のパリ、深夜のパリ』(1976、飯島耕一訳、みすず書房、1977)ほか。


 

ブラッサイ の書籍一覧

  • 語るピカソ
    語るピカソ
    [著者] ブラッサイ   [訳者] 飯島耕一   [訳者] 大岡信  
    ピカソ83歳の誕生日に親友の写真家ブラッサイによって捧げられた。30年に及ぶピカソの日々の創造の歓び、彼をめぐる芸術家たちの肖像。写真53点。
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/392頁
    • 定価 8,640円(本体8,000円)
    • ISBN 4-622-01509-9 C3071
    • 1968年11月1日発行