「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中村雄祐

なかむら・ゆうすけ

1961年、福岡市生まれ。博士(学術、東京大学大学院総合文化研究科)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻准教授。主な研究領域:発展途上国の社会変化。近年の主な著作:「読み書きと生存の行方」、『人間の安全保障』(高橋哲哉・山影進編、東京大学出版会、2008年所収)、『グアテマラ内戦後――人間の安全保障の挑戦』(関雄二・狐崎知己・中村雄祐編著、明石書店、2009年)、『生きるための読み書き――発展途上国のリテラシー問題』(みすず書房、2009年)など。


 

中村雄祐 の書籍一覧

  • 生きるための読み書き
    生きるための読み書き発展途上国のリテラシー問題
    [著者] 中村雄祐  
    「もし特定の文書に明確、着実な意味や機能があると感じるとしたら、その安定感は文書自体に内在しているのではなく、文書、それを使う諸人、両者を取り巻く社会状況の間の絶妙のバランスによっ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/272頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07458-8 C0036
    • 2009年9月25日発行