「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



益井康一

ますい・こういち

1911年徳島市に生まれる。1932年毎日新聞社に入社。1939年1月から45年の終戦まで中国特派員。帰社後、中部、東京両本社編集局次長。西部本社編集局長、北海道発行所取締役編集担当、東京本社編集局顧問を経て、68年ラジオ関東(現ラジオ日本)入社、同社専務取締役。1999年歿。著書 『日本と中国はなぜ戦ったのか』(光人社、2002年)『本土空襲を阻止せよ!――従軍記者が見た知られざるB29撃滅戦』(光人社、2007年)『なぜ日本は戦争を始めたのか――銃剣で描いた王道楽土の夢と結末』(光人社NF文庫、2008年)『漢奸裁判史 新版』(みすず書房、2009年)ほか。


 

益井康一 の書籍一覧

  • 漢奸裁判史【新版】
    漢奸裁判史【新版】1946-1948
    [著者] 益井康一   [解説] 劉傑  
    〈今年は不幸な支那事変が勃発してから、40年目に当るが、支那事変史の最終ページはまだ書かれていない。そこで事変史にピリオドを打つために、書いたのが本書である。……汪兆銘、陳公博以下、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 4,950円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07499-1 C1022
    • 2009年10月22日発行