「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



久保亮五

くぼ・りょうご

1920年東京に生れる。1941年東京大学理学部物理学科卒業、理論物理学専攻。1980年まで東京大学理学部教授。1980-81年京都大学基礎物理学研究所教授。1981-92年慶應義塾大学理工学部教授。この間、統計物理学、固体物理学の基礎理論の研究を行ない、1957年には線形応答理論(不可逆過程の統計力学)を発表。ボルツマン賞、文化勲章、学士院恩賜賞ほかを受賞。仁科記念財団理事長、井上科学振興財団理事長、東京大学名誉教授、日本学士院会員を歴任。1993年、勲一等瑞宝章受章。1995年歿。著書『固体物理学』、『固体物理の歩み』、『統計物理学(現代物理学の基礎・第5巻)』(岩波書店)、『統計力学』(共立出版)、『大学演習 熱学・統計力学』(裳華房)、Statistical Mechanics (North-Holland)、Statistical Physics (Springer Verlag)、画文集『山河燦燦』(自家出版)ほか。訳書 セグレ『エンリコ・フェルミ伝』(久保千鶴子と共訳、みすず書房)、セグレ『X線からクォークまで』『古典物理学を創った人々』(矢崎裕二と共訳、みすず書房)ほか。


 

久保亮五 の書籍一覧