「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エティエンヌ・ジルソン

Etienne Gilson

1884-1978。現代フランスのもっとも卓越した哲学者であり、とくに中世哲学思想研究では世界的権威として知られている。パリに生まれ、ソルボンヌの哲学史教授。コレジュ・ド・フランスの中世哲学史教授を経て、その後長年、カナダのトロント中世研究所の所長を勤める。その間、アメリカ、イギリスの諸大学へ招かれて講義をおこない、それをもとに数々の名著を生み出した。『デカルト体系の形成における中世思想の役割』(Etudes sur le role de la pensee medievale dans la formation du systeme cartesien,1930)をはじめとするデカルト研究において中世思想と近代思想の対話をこころみた。また、『中世哲学史』(La philosophie au moyen age,1922, 改訂版 1925)、『中世哲学の精神』(L’esprit de la philosophie medievale, 1932)など中世哲学全般に関する著書を著わすとともに、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、ボナウェントゥラなど個々の思想家についてもすぐれた著書や論文を残した。


 

エティエンヌ・ジルソン の書籍一覧