「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



舘野泉

たての・いずみ

1936年東京生まれ。ピアニスト。60年東京芸術大学首席卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年メシアン・コンクール第2位。同年よりフィンランド国立音楽院シベリウス・アカデミー教授。81年より、フィンランド政府の終身芸術家給与を受け、90年以降は演奏生活に専念。96年日本と諸外国との友好親善への貢献に対し、外務大臣表彰受賞。06年シベリウスの音楽の普及に貢献したとして、フィンランドシベリウス協会より「シベリウス・メダル」を授与される。これまでに、日本と北欧五カ国をはじめ、世界各国で3000回以上のコンサートをおこない、その温かく、人間味あふれる演奏によって、あらゆる地域の聴衆に深い感動を与えている。リリースされたCDは100枚にのぼり、いずれのアルバムも世界中の幅広い層の聴衆の熱い支持をえている。南相馬市民文化会館(福島県)館長。日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問。日本の、クラシックのアーティストとしては初めての、そして最も長続きしている「ファンクラブ」を各地に持つ。2010年、演奏生活50周年を迎える。著書『「貨物列車」のピアニスト』(東京音楽社、1986/1988)『星にとどく樹――世界を旅するピアニスト』(求龍堂、1996)『ひまわりの海』(求龍堂、2004)『左手のコンチェルト――新たな音楽のはじまり』(佼成出版社、2008)『ピアニストの時間』(みすず書房、2010)ほか。


 

舘野泉 の書籍一覧

  • ピアニストの時間
    ピアニストの時間
    [著者] 舘野泉  
    「いま感じているのは、音楽の喜びだけである。音楽がまたできる、指を通じて全身が、自分の全存在が楽器に触れ、聴いてくださる方々と、そしてこの世界と一体になっていく、その感覚だけである ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07556-1 C0073
    • 2010年10月19日発行