「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



S・ボホナー

Salomon Bochner

1899-1982。ポーランドに生まれ、ドイツに学び、ベルリン大学で学位取得(1921)。ミュンヘン大学(1927-32)を経て、ナチスを避けて渡米、プリンストン大学に移る(1933)。1946年より同大学教授、その後アメリカのライス大学教授。近代解析学から近代確率論(概周期関数、フーリエ解析、調和解析、あるいは確率過程)の方面で、その開拓、確実に顕著な業績を残した。主著 Vorlesungen uber Fouriersche Integrale (1932, Cherlsea 版1948, 英訳1959), Integration von Funktionen, deren Werte die Elemente eines Vektorraumes sind (1933), Several Complex Variables (1948), Fourier Transforms (1949), Harmonic Analysis and the Theory of Probability (1953)。


 

S・ボホナー の書籍一覧

  • 科学史における数学
    科学史における数学
    [著者] S・ボホナー   [訳者] 村田全  
    本書は、西欧の知性が興り展開したときに数学の演じた役割、数学の明晰さや神秘さの起源、その普遍性と不可欠性などについて述べたものである。 それだけを取り出してみると、深遠には違いない ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/296頁
    • 定価 6,600円(本体6,000円)
    • ISBN 4-622-02459-4 C3041
    • 1970年4月20日発行