「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



G・E・ボワソナード

Gustave Emile Boissonade

1825-1910。パリ大学法学部を卒業後グルノーブル大学教授を経てパリ大学教授。1873年(明治6年)日本政府の招請に応じて来日、刑法典、刑事訴訟法典、民法典等の起草に当たるとともに司法省法学校、東京大学等諸大学の法学教師として近代的な法律家の育成に努めた。1895年帰国。パリ日仏協会名誉会長。主著 Projet code de procedure criminelle pour I’Empire du Japon、5巻(1882-89)ほか。


 

G・E・ボワソナード の書籍一覧