「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アルチュール・ランボー

Jean Nicolas Arthur Rimbaud

(1854-1891)フランスの詩人。北フランスのシャルルヴィル市に生まれる。陸軍大尉の父が早くから家を捨てたため、厳格で敬神家の母の強い影響下で育った。早熟で模範的な優等生だったが、1870年の普仏戦争を境に生活が一変、学業を放棄して詩作に没頭する。71年秋、ヴェルレーヌの招きでパリに出、次いで二人でベルギー,ロンドンなどで同棲生活を送るが、73年7月に決裂。同年4-8月に散文詩集『地獄の季節』を、そしてその前後3-4年にわたって『イリュミナシオン』の諸作を書いた。75年頃からは文学を離れ世界各地を放浪、最後はエジプト、アビシニアで交易に従事する。91年右脚関節に腫瘍ができ、同年末マルセイユの病院で死去。類を絶した天才詩人として後世の文学に多大な影響を与えた。


 

アルチュール・ランボー の書籍一覧

  • ランボー全集 個人新訳
    ランボー全集 個人新訳
    [著者] アルチュール・ランボー   [訳者] 鈴村和成  
    「また見つかったよ。 何がさ?――《永遠》。 太陽といっしょに 行ってしまった海さ」 邦訳としては五番目、そして個人訳としては初めてのランボー全集である。 十数種類もある批評校訂版をそ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/592頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 978-4-622-07612-4 C0098
    • 2011年9月1日発行