「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鈴村和成

すずむら・かずなり

1944年生まれ。東京大学フランス文学科修了。元横浜市立大学教授。長年ランボーの読解に心血を注ぎ、とりわけ詩作放棄後アラビア、アフリカでのランボーの足跡を実地にくまなく追うことで、これまでほとんど顧みられなかったアフリカ書簡に斬新な解釈を施してきた。著書:『ランボー叙説』『ランボーのスティーマー・ポイント』『バルト テクストの快楽』『ランボー、砂漠を行く』『ヴェネツィアでプルーストを読む』『ランボーとアフリカの8枚の写真』『テロの文学史』『三島SM谷崎』ほか多数。訳書に、ランボー全集の初の個人訳『ランボー全集 個人新訳』(2011)、ロラン・バルト『テクストの楽しみ』(2017)。


 

鈴村和成 の書籍一覧

  • テクストの楽しみ
    テクストの楽しみ
    [著者] ロラン・バルト   [訳者] 鈴村和成  
    「楽しみのテクスト――満足させ、満たし、幸福感を与えるもの。文明からやって来て、文明と決裂することなく、読書の心地よい実践とむすばれるもの」 「歓びのテクスト――放心の状態におくも ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08566-9 C1010
    • 2017年1月25日発行
  • ランボー全集 個人新訳
    ランボー全集 個人新訳
    [著者] アルチュール・ランボー   [訳者] 鈴村和成  
    「また見つかったよ。 何がさ?――《永遠》。 太陽といっしょに 行ってしまった海さ」 邦訳としては五番目、そして個人訳としては初めてのランボー全集である。 十数種類もある批評校訂版をそ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/592頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 978-4-622-07612-4 C0098
    • 2011年9月1日発行