「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



カール=ヴィルヘルム・ヴェーバー

Karl-Wilhelm Weeber

1950年生まれ。古典古代の文献学者および歴史学者。ヴッパータールのヴィルヘルム・デルプフェルト・ギムナジウム校長、ヴッパータール大学古代史教授、ボッフム大学古代言語教育講師。著書にPanem et circenses. Masssenunterhaltung als Politik im antiken Rom, Zabern, 1994, Alltag im Alten Rom, Das Leben in der Stadt. Ein Lexkon, 1995, Flirten wie die alten Romer, Artemis & Winkler, 1997, Diogenes: Die Gedanken und Taten des frechsten und ungewohnlichsten aller griechischen Philosophen, Nymphenburger, 2001, Luxus im alten Rom. Die Schwelgerei, das susse Gift . . ., Primus Verlag, 2004, Pompeii und die romische Goldkuste: Ein Zeitreisefuhrer in das Jahr 78, Primus Verlag, 2011など。邦訳に『アッティカの大気汚染』(鳥影社、1996)、『古代ローマ生活事典』(Alltag im Alten Rom, 3. verbesserte Auflage 2006全訳、小竹澄栄訳、みすず書房、2011)。


 

カール=ヴィルヘルム・ヴェーバー の書籍一覧

  • 古代ローマ生活事典
    古代ローマ生活事典
    [著者] カール=ヴィルヘルム・ヴェーバー   [訳者] 小竹澄栄  
    古代ローマに生きた〈普通の〉人びとはどんな日常を生きたのだろう? 博物館や映画で目にする古代ローマ――流れるような襞の純白のトガを纏った皇帝、駿馬を駆る勇者たちの甲冑は輝き、哲学者 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/600頁
    • 定価 21,600円(本体20,000円)
    • ISBN 978-4-622-07611-7 C1022
    • 2011年9月9日発行