「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岡野憲一郎

おかの・けんいちろう

1956年千葉県生まれ。精神科医/精神分析家。東京大学医学部卒。医学博士。1982年に精神科医となり、1987年から2004年まで米国で臨床活動、および精神分析家としてのトレーニングを経験。帰国後は聖路加国際病院、山王病院、三田病院で精神科医として勤務。国際医療福祉大学の心理学専攻の立ち上げにかかわり、現教授。精神科薬物療法や精神療法一般を専門にし、特にPTSDや解離性障害、人格障害、社交恐怖症などの治療経験を多くもつ。著書に、『心のマルチ・ネットワーク』(講談社現代新書)『自然流精神療法のすすめ』(星和書店)『気弱な精神科医のアメリカ奮闘記』(紀伊國屋書店)『恥と自己愛の精神分析』『治療的柔構造』『外傷性精神障害』『新外傷性精神障害』『解離性障害』『続解離性障害』(以上、岩崎学術出版社)『心理療法/カウンセリング 30の心得』(みすず書房)他。


 

岡野憲一郎 の書籍一覧

  • 心理療法/カウンセリング 30の心得
    心理療法/カウンセリング 30の心得
    [著者] 岡野憲一郎  
    〈心理療法の心得、といっても私は心理療法の原理原則のようなものを考えているわけではない。これらは「必ず守らなくてはならないもの」というわけではない。あくまでもガイドライン、ある種の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 978-4-622-07702-2 C1011
    • 2012年7月20日発行