「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ウィリアム・J・バウズマ

William J. Bouwsma

1923-2004。ミシガン州リンカンで育ったオランダ系アメリカ人。ハーヴァード大学卒業後、三年間、空軍に在籍し、母校に戻って1950年Ph. D.を取得。イリノイ大学などで教えたのち、カリフォルニア大学バークレイ校で歴史学を教授。その後、サザー記念歴史学名誉教授。1978年、アメリカ歴史学会長。著書に『ヴェネツィアと共和政体的自由の擁護――対抗宗教改革時代の価値観』(カリフォルニア大学出版会、1969)『過去の利便性――ヨーロッパ文化史論集』(カリフォルニア大学出版会、1990)『ルネサンスの秋――1550-1640』(イェール大学出版会、2000、澤井繁男訳、みすず書房、2012)など。


 

ウィリアム・J・バウズマ の書籍一覧

  • ルネサンスの秋
    ルネサンスの秋1550-1640
    [著者] ウィリアム・J・バウズマ   [訳者] 澤井繁男  
    ヨーロッパ・ルネサンスの最盛期は、ほぼその衰退期にもあたっていた。国家・宗教・学問・言語・時間・空間・「自己」概念をはじめとして、各分野や世界観がゆるぎ、統一と分裂がある意味では同 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 978-4-622-07687-2 C1022
    • 2012年9月20日発行