「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヴォルフガング・シュヴェントカー

Wolfgang Schwentker

1953年にドイツのオーバーハウゼンで生まれる。デュッセルドルフ大学卒業。同大学院でヴォルフガング・J・モムゼンを師として近現代史を専攻。1986年に博士学位、1996年に教授資格(Habilitation)取得。現在 大阪大学人間科学研究科教授。著書Konservative Vereine und Revolution in Preussen 1848/49, Droste 1988; Die Samurai, Beck 2003; Max Weber in Japan: Eine Untersuchung zur Wirkungsgechichite 1905-1995, J.C.B. Mohr (Paul Siebeck) 1998(『マックス・ウェーバーの日本――受容史の研究1905-1995』みすず書房、2013). 編著Max Weber, Zur Neuordnung Deutschlands. Schriften und Reden 1918-1920, J.C.B. Mohr (Paul Siebeck) 1988;『マックス・ヴェーバーとその同時代人群像』(ミネルヴァ書房、1994);Max Weber und das moderne Japan, Vandenhoeck & Ruprecht 1999; Die vormoderne Stadt. Asien und Europa im Vergleich, Verlag fur Geschichte und Politik 2002; The Power of Memory in Modern Japan, Global Oriental 2008 ; Fukuda Tokuzo, Briefe an Lujo Brentano, 1898-1930, Iudicium 2009ほか。2012年からNeue Fischer Weltgeschichte(フィッシャー社新世界史)の共編者。


 

ヴォルフガング・シュヴェントカー の書籍一覧