「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



野見山暁治

のみやま・ぎょうじ

1920年福岡県生まれ。43年東京美術学校油画科卒業。応召、45年福岡で終戦を迎える。52-64年滞欧。58年安井賞受賞。68年東京藝術大学助教授(72年教授)、81年辞職。92年芸術選奨文部大臣賞、94年福岡県文化賞、96年毎日芸術賞、2000年文化功労者顕彰、2014年文化勲章を受ける。 全国の戦没画学生の遺作を窪島誠一郎氏とともに収集、それらを展示保存する「無言館」(長野県上田市)設立にも尽力した。『四百字のデッサン』(78年度日本エッセイスト・クラブ賞)『さあ絵を描こう』『パリ・キュリィ病院』『遠ざかる景色』『絵そらごとノート』『一本の線』『署名のない風景』『うつろうかたち』『アトリエ日記』『続アトリエ日記』『異郷の陽だまり』『続々アトリエ日記』など著書多数。


 

野見山暁治 の書籍一覧

  • 遠ざかる景色
    大人の本棚
    遠ざかる景色
    [著者] 野見山暁治  
    「これはいつのことだったのだろう。その折々の様子も、それをこうして書きとめていたことも、本当に〈遠ざかる景色〉になりおおせてしまった」(新版へのあとがき) 1982年に初版が刊行された ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08503-4 C1370
    • 2013年2月8日発行