「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マグダ・オランデール=ラフォン

Magda Hollander-Lafon

1927年、ハンガリーに生まれる。児童心理学者。16歳のとき、アウシュヴィッツ=ビルケナウ絶滅収容所に、母と妹とともに収容される。家族のなかでただ一人生き延び、戦後はベルギーを経てフランスに居住する。1977年に『四つの小さなパン切れ』(Quatre petits bouts de pain: Des tenebres a la joie, Albin Michel, 2012, 高橋啓訳、みすず書房、2013)の第一部となる『時のみちすじ』を刊行。第二部「闇から喜びへ」は、何万人もの中高生にみずからの記憶を語り伝えることを通じて生まれた。


 

マグダ・オランデール=ラフォン の書籍一覧

  • 四つの小さなパン切れ
    四つの小さなパン切れ
    [著者] マグダ・オランデール=ラフォン   [訳者] 高橋啓  
    16歳のとき、マグダはアウシュヴィッツ=ビルケナウ絶滅収容所に収容された。母と妹は到着するなりガス室で殺され、別れのまなざしを交わすことさえできなかった。家族でただ一人、そしてハンガ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/192頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07751-0 C0098
    • 2013年5月9日発行