「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョン・ルカーチ

John Lukacs

1924年、ブダペスト生まれ。母がユダヤ人であったため、第二次世界大戦中、収容所で強制労働を課せられたが、絶滅収容所送りは免れた。1946年、共産化したハンガリーからアメリカ合衆国に逃れる。1947年から1994年までチェスナットヒル・カレッジ(フィラデルフィア)の歴史学教授。ジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学、プリンストン大学などの客員教授もつとめた。著書は30冊を越え、邦訳書には、『歴史学の将来』(みすず書房)『大過渡期の現代』(ぺりかん社)『ブダペストの世紀末――都市と文化の歴史的肖像』(白水社)『ヒトラー対チャーチル――80日間の激闘』(共同通信社)『評伝ジョージ・ケナン』(法政大学出版局)がある。最新刊は、第一次世界大戦からベルリンの壁崩壊までをコンパクトに著したThe Short History of the Twentieth Century (Belknap Press, 2013)。


 

ジョン・ルカーチ の書籍一覧

  • 歴史学の将来
    歴史学の将来
    [著者] ジョン・ルカーチ   [訳者] 村井章子   [監修] 近藤和彦  
    「ここに描かれるお先真っ暗の世界にあって、ルカーチの抗いがたく人間的な文章には、彼自身の晴れやかな姿が見える」(ティモシー・スナイダー) 「ジョン・ルカーチは、この世代、いや、この ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07764-0 C1010
    • 2013年11月22日発行