「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



髙田茂樹

たかだ・しげき

1954年、福井県に生まれる。1976年、京都府立大学文学部卒業。1980年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。現在 金沢大学教授。専門:イギリス・ルネサンスの文化、批評理論。訳書:グリーンブラット『ルネサンスの自己成型――モアからシェイクスピアまで』(1992)『シェイクスピアの自由』(2013、以上みすず書房)、ピーター・ブルックス『肉体作品――近代の語りにおける欲望の対象』(新曜社、2003)、クリストファー・マーロウ『タンバレイン』(水声社、2012)。


 

髙田茂樹 の書籍一覧

  • シェイクスピアの自由
    シェイクスピアの自由
    [著者] スティーヴン・グリーンブラット   [訳者] 髙田茂樹  
    「全体を通して感じられることは、グリーンブラットが本書を通して取り組んでいる問題は、文化の中で生きることに伴う〈不自由さ〉ということであり、そういう不自由を強いる文化の中で、シェイ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 4,752円(本体4,400円)
    • ISBN 978-4-622-07797-8 C1098
    • 2013年10月10日発行