「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



高橋たか子

たかはし・たかこ

1932年3月2日、京都市生まれ。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。小説家。京都大学フランス文学科卒業。在学中に知り合った高橋和巳と結婚、鎌倉に居住。1971年、夫和巳と死別。その後、小説を書き始めた。カトリックの洗礼を受けている(洗礼名はマリア・マグダレーナ)。著書『空の果てまで』(1973、新潮社、田村俊子賞)『誘惑者』(1976、講談社)『ロンリー・ウーマン』(1977、集英社、女流文学賞)『怒りの子』(1985、講談社、読売文学賞)『きれいな人』(2003、講談社、毎日芸術賞)ほか多数。訳書 マンディアルグ『大理石』(澁澤龍彦と共訳、1971、人文書院)グリーン『ヴァルーナ』(1979、人文書院、ジュリアン・グリーン全集3)ほか。2013年7月12日、心不全のため死去。
「死後、活字にするもの」と書かれ遺された8冊の日記を、『終りの日々』として公刊(鈴木晶解題、2013、みすず書房)。


 

高橋たか子 の書籍一覧

  • 終りの日々
    終りの日々
    [著者] 高橋たか子   [解説] 鈴木晶  
    2013年7月12日、作家高橋たか子は晩年を過ごした茅ヶ崎の老人ホームで亡くなった。階段で倒れているところを見つけられたときには、息はもう無かった。外傷も見当たらず、おそらく心臓発作によ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07803-6 C0095
    • 2013年12月25日発行