「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マイク・モラスキー

Michael Molasky

1956年アメリカ・セントルイス生まれ。シカゴ大学大学院東アジア言語文明研究科博士課程修了(日本文学)。学術博士。専攻は戦後日本文化史。ミネソタ大学アジア言語文学部教授、一橋大学社会学研究科教授を経て、2013年9月より早稲田大学国際学術院教授。日本の戦後文化、ジャズやブルースを中心とする音楽文化論、東京論、そして喫茶店や居酒屋のような都市空間をテーマに研究活動を行う。著書に、『戦後日本のジャズ文化』(青土社、2005/サントリー学芸賞受賞)『占領の記憶/記憶の占領』(鈴木直子訳、青土社、2006)『その言葉、異議あり!』(中公新書ラクレ、2007)『ジャズ喫茶論』(筑摩書房、2010)『呑めば、都』(筑摩書房、2012)『ひとり歩き』(幻戯書房、2013)。近刊に、『日本の居酒屋文化――赤提灯の魅力を探る』(仮題、光文社新書、2014年2月刊行予定)がある。


 

マイク・モラスキー の書籍一覧