「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ダントレーヴ

Alexander Passerin d’Entreves

1902年、北イタリアのトリーノに生まれる。トリーノ大学の国際法教授。オックスフォード大学のセレナ講座担当のイタリア学教授を務め、イエール大学の哲学部および法学院、ハーヴァード大学においても講義。トリーノ大学政治理論教授。1985年歿。著書に、『政治思想に対する中世の貢献』(1939)『自然法』(1951〔岩波書店、1952〕、新版1970)『政治思想家としてのダンテ』(1952)『国家とは何か』(1967〔みすず書房、1972〕)『民主的社会における服従と抵抗』(1970)等がある。


 

ダントレーヴ の書籍一覧

  • 国家とは何か
    国家とは何か政治理論序説
    [著者] ダントレーヴ   [訳者] 石上良平  
    アリストテレスは、人間は国家の外にあっては、神か動物とならねばならず、法と正義から切離されては、動物のなかの最悪のものですらあると言う。この書は、人間の政治的運命にとって最も基本的 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/320頁
    • 定価 6,264円(本体5,800円)
    • ISBN 4-622-05136-2 C3031
    • 2002年6月5日発行