「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



秋山邦晴

あきやま・くにはる

1929-1996。東京都に生まれる。1952年早稲田大学仏文科中退。在学中、東京日比谷にあったCIE(アメリカ情報教育局)でレコード・コンサート・シリーズを構成・解説。アメリカ音楽、メシアン等ヨーロッパ現代音楽を紹介。1951年1月、音楽雑誌『レコード音楽』編集長。同年8月、武満徹、鈴木博義、園田高弘、山口勝弘、北代省三、福島秀子、駒井哲朗、大辻清司ら11名と瀧口修造の命名による「実験工房」を結成。第1回発表会・ピカソ展前夜祭のシナリオを担当。1952年10月ごろから本格的な評論活動を展開。以後一貫して実験的な創造活動を支持してきた。1953年東京交響楽団機関誌『シンフォニー』編集長となる。1958年NHK音楽作品〈ことばと音楽による3つの形象〉第2曲〈黒い絵画〉(作曲 武満徹)の詩を担当、イタリア放送協会グランプリ受賞。1956-58年、ブリジストンホールでシリーズ「作曲家の個展」を企画構成。1962年一柳慧、高橋悠治、小林健次ら13名と創造的な演奏家集団「ニューディレクション」を結成、内外のアヴァンギャルド作品を紹介。1963年フォード財団の招きで渡米。1964年「フルクサス」カーネギー・ホール・コンサートを指揮。1969年代々木国立競技場で「クロストーク・インターメディア」開催。1970年万博開会式のために〈鐘の音楽〉作曲。1975-77年「エリック・サティ連続演奏会」。1981年多摩美術大学教授。1986年『エリック・サティ・ピアノ全集』(校訂 高橋アキ、全音楽譜)。1995年「オマージュ・トゥ・ジョン・ケージ」一柳慧、高橋アキと出演。1996年「再現・1950年代の冒険 実験工房コンサート/映像と音楽」企画構成。同年8月死去。
著書に『現代音楽をどう聴くか』(晶文社、1973)『日本の映画音楽史 I』(田畑書店、1974)『日本の作曲家たち 戦後から真の戦後的な未来へ』(全2巻、音楽之友社、1978/79)『エリック・サティ覚え書』(青土社、1990、第1回吉田秀和賞)『昭和の作曲家たち』(編集 林淑姫、みすず書房、1996)、訳書『卵のように軽やかに サティによるサティ』(筑摩書房、1992)他。


 

秋山邦晴 の書籍一覧

  • 昭和の作曲家たち
    昭和の作曲家たち太平洋戦争と音楽
    [著者] 秋山邦晴   [編集] 林淑姫  
    「若い戦後派の作曲家たちにとって戦前の作曲界の遺産は自分たちに無力のものとして感じられたのは事実であった。かれらの新しい出発にあってそれは当然なことであった…だが、ある時代の挫折は ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/576頁
    • 定価 14,040円(本体13,000円)
    • ISBN 4-622-04427-7 C3073
    • 2003年4月25日発行